業務用空調機器(エアコン)の室外機に搭載する冷媒液を溜める圧力容器(アキュームレータ、レシーバー)を月産7000~8000台生産しており、これまでに150万台以上の生産実績があります。このラインでは、圧力配管用炭素鋼鋼管(STPG管)に高度な溶接技術で鏡板、配管を組立溶接し、全数気体耐圧試験を実施し合格したものに塗装仕上げを行い、圧力容器を生産しています。もう一つの製品は、同じく業務用空調機器のコンプレッサーシェル(外筒)を月産3000台生産しています。鋼管を拡管成型機にて真円成型し、両端をNC旋盤で切削します。必要に応じて油圧プレスで穴あけ加工して、冷媒ガスの吸入管をろう付けにて取付けを行います。圧力容器に限らず弊社では、容器製造事業の拡充を目指しております。空調機器以外においても、種々パイプ製品のコストダウンを検討の際は、是非ご一報下さい。


圧力容器


コンプレッサーシェル